バネ・ばね・スプリング │ ばね1個から完全受注生産。オリジナルばねオーダーサイト。
会社案内 ばねのご相談窓口 サイトマップ
東海バネ工業株式会社 ばねの種類 ばねの技術情報 ばねの活躍事例集 東海バネのモノづくり ばねの設計依頼 はじめての方へ
ばねの技術情報
TOPばねの技術情報 > 薄板ばね・設計応力の取り方
薄板ばね

(1)静荷重の場合(荷重変動がないか、繰り返しが1000回以下)
許容応力は材料の弾性限度内にあればよい。表面状態が良好であれば、静的最大応力は引張り強さの75%以下にとればよい。

(2)繰り返し荷重で使用される場合
許容曲げ応力は応力条件、繰り返し回数、使用環境など、疲れ強さに影響する諸因子を考慮して決めるべきである。繰り返し荷重を受ける場合は目安として次のように推定する。図4 曲げ応力疲れ強さ線図を使って、最大・最小応力及び引張強さがわかれば、γ=σminmaxと上限応力係数(σmax/σB)または下限応力係数(σmin/σB)を算出し、図中の交点より寿命を推定する。(ただし、ステンレス鋼帯やりん青銅板等は本線図は使用できませんので、別途ご相談願います。)


図4 曲げ応力疲れ強さ線図


計算式 設計応力の取り方 設計上の注意 計算例





お問い合わせ
お問い合わせ
ばね設計依頼
ばねっとくん 電話、FAX
ばね設計依頼

圧縮コイルばね

引張コイルばね

ねじりコイルばね

皿ばね

薄板ばね
計算式
設計応力の取り方
設計上の注意
計算例

円錐コイルばね

特殊環境でお使いの場合

このページの先頭へ
Copyright (C) 2007 Tokaibane Mfg. Co.,  Ltd. All Rights Reserved.