バネ・ばね・スプリング │ ばね1個から完全受注生産。オリジナルばねオーダーサイト。
会社案内 ばねのご相談窓口 サイトマップ
東海バネ工業株式会社 ばねの種類 ばねの技術情報 ばねの活躍事例集 東海バネのモノづくり ばねの設計依頼 はじめての方へ
ばねの技術情報
TOPばねの技術情報 > 皿ばね・設計上の注意
皿ばね

3.1 単体時の荷重特性
荷重特性の線図は図6のようになる。h0/t が1.4を越えると密着付近でタワミが増えても荷重が増えなくなる。これはばねを使用する側にとってみると、非常に興味深い部分である。これらの特性を利用しているのがクラッチ用のばねである。
しかしこのばねを直列に組合せると、一部のばねが反転現象を起こし、荷重特性を満たさない事がある。従って、直線性を要求する設計の場合には、この値を低く抑えることが必要である。

図6 単体時の荷重特性


3.2 組み合わせ時の荷重特性
サラバネの減圧時荷重特性はヒステリシスが生じて、加圧時より低い荷重になる。これは並列枚数が多いほどその傾向は多い。使用する荷重が減圧である場合は、注意が必要である。


計算式 設計応力の取り方 設計上の注意 計算例








お問い合わせ
お問い合わせ
ばね設計依頼
ばねっとくん 電話、FAX
ばね設計依頼

圧縮コイルばね

引張コイルばね

ねじりコイルばね

皿ばね

薄板ばね

円錐コイルばね

特殊環境でお使いの場合

このページの先頭へ
Copyright (C) 2007 Tokaibane Mfg. Co.,  Ltd. All Rights Reserved.