バネ・ばね・スプリング │ ばね1個から完全受注生産。オリジナルばねオーダーサイト。
会社案内 ばねのご相談窓口 サイトマップ
東海バネ工業株式会社 ばねの種類 ばねの技術情報 ばねの活躍事例集 東海バネのモノづくり ばねの設計依頼 はじめての方へ
はじめての方へ
TOPはじめての方へ > ばね基礎知識
ばね基礎知識

〔07号〕ばねの耐久性向上に最適なショットピーニング

▼ショットピーニングとは・・・
鋼球をばねの表面に高速度で投射する加工法のこと。

▼その効果は・・・
疲労向上・耐応力腐食割れ特性・トライポロジー効果・熱伝達特性が得られます。

▼その管理方法は・・・
アークハイトとカバレージで行います。
アークハイトとは、アルメンストリップ(試験板)に鋼球を打ち付けた時に反った大きさのことをいい、どのような強さで当たっているかを測定します。
カバレージとは、圧痕面積と加工面積の比を百分率で表したものです。これは、どのように当たっているか、当たり具合を管理する方法です。

▼その実施例は・・・
自動車の燃費を向上させるために、ばねの軽量化が必要となります。例えば、ばねの設計応力が、100MPa増加すれば、自動車の軽量化が約10%実現できます。簡単に言ったけど、設計応力は、ばねの寸法(諸元)と荷重特性によって決まってきます。従って、単純に設計応力を増加させると、ばねの疲労が低減し、寿命が短くなります。そこで、設計応力の増加に応えるために、最適なショットピーニングで解決することも有るのです。

寿命などの問題があれば、是非、最適なショットピーニングをお試しあれ!



はじめての方へ

このページの先頭へ
Copyright (C) 2007 Tokaibane Mfg. Co.,  Ltd. All Rights Reserved.