バネ・ばね・スプリング │ ばね1個から完全受注生産。オリジナルばねオーダーサイト。
会社案内 ばねのご相談窓口 サイトマップ
東海バネ工業株式会社 ばねの種類 ばねの技術情報 ばねの活躍事例集 東海バネのモノづくり ばねの設計依頼 はじめての方へ
はじめての方へ
TOPはじめての方へ > ばね基礎知識
ばね基礎知識

〔38号〕やさしくショットピーニング

ショットピーニングが万能薬だからといっても程度があり、「過ぎたるは尚及ばざるがごとし」というたとえのとおり、適度というものがあります。 ばねにもよりますが、一般にショットは角よりも丸いもの、大きいものよりも小さいものの方が良いのです。とは言ってもある程度の加工度は必要ですが・・・。
例えば、ピーニング強度はアークハイトで0.2mm以上(試験板Aの場合)、被覆度は80%以上、コイルばねの内側でも60%は欲しいところです。
ショットに新しいカットワイヤを用いる場合は、空運転するとか小量ずつ補給するとか、とにかくやさしくばねをピーニングしてやるのが上手な管理法といえます。

ところでショットの硬さは、被加工物、すなわちばね同等かややそれを上回る程度が標準で、鋳鋼ショットの場合、鋼製ばね用としてはHv450〜520が標準です。
したがって、高強度のオイルテンバー線はピーニングしても、いわゆる梨地肌にはならないのです。しかし、それでもピーニング効果は期待できると言えます。



はじめての方へ

このページの先頭へ
Copyright (C) 2007 Tokaibane Mfg. Co.,  Ltd. All Rights Reserved.