バネ・ばね・スプリング │ ばね1個から完全受注生産。オリジナルばねオーダーサイト。
会社案内 ばねのご相談窓口 サイトマップ
東海バネ工業株式会社 ばねの種類 ばねの技術情報 ばねの活躍事例集 東海バネのモノづくり ばねの設計依頼 はじめての方へ
はじめての方へ
TOPはじめての方へ > ばね基礎知識
ばね基礎知識

〔36号〕遅れ破壊にご用心

遅れ破壊というのは、静的荷重下である時間経過したのち、外見上はほとんど塑性変形をともなっていないのに、突然脆性的に破壊することを言います。 引張強さ1300N/mm2以上の強力鋼に多く発生し、腐食性の雰囲気は遅れ破壊を促進させます。腐食環境でない場合は水素が原因で、腐食環境下では水素または応力腐食が原因とされています。

遅れ破壊が問題となったのは、アメリカで超強力鋼の航空機部品、とくにCdめっきした部品が高い負荷状態である時間経過後、突然破壊した事故から注目されだしました。 この場合は、あきらかにCdめっきによって吸収された水素に起因していたようです。
したがって、めっきや酸洗されるばねや腐食環境で使用されるばね等は、めっき直後に必ずベーキング処理を施し、硬さも出来うるかぎり低目を狙うのがベストです。 また、めっきしないばねは腐食塗装すべきなのです。



はじめての方へ

このページの先頭へ
Copyright (C) 2007 Tokaibane Mfg. Co.,  Ltd. All Rights Reserved.