バネ・ばね・スプリング │ ばね1個から完全受注生産。オリジナルばねオーダーサイト。
会社案内 ばねのご相談窓口 サイトマップ
東海バネ工業株式会社 ばねの種類 ばねの技術情報 ばねの活躍事例集 東海バネのモノづくり ばねの設計依頼 はじめての方へ
はじめての方へ
TOPはじめての方へ > ばね基礎知識
ばね基礎知識

〔19号〕ピアノ線ばねの温度限界

ピアノ線は線径φ5以下のコイルばねによく使われている材料ですが、使用出来る温度範囲がどの位か知っていますか?
ピアノ線は高温になるとへたりの問題があるので、実用上使用出来る温度限界は110〜120℃程度になります。

では低温ではどうなのでしょうか? 低温においては、引張強さ、弾性限が低温になるに従い高くなります。
伸び、絞りは、低温になるに従い除々に低下する傾向にありますが、-100℃付近でも絞りは40%程度あります。 回転曲げ試験の結果からは、-60℃の結果と常温(+20℃)の結果に差は見られません。 しかし、-60℃の衝撃値は常温(+20℃)の3分の2程度まで低下します。

このことから、衝撃荷重がかかるような使い方でなければ、-50〜-60℃程度までは使用出来ると考えられています。



はじめての方へ

このページの先頭へ
Copyright (C) 2007 Tokaibane Mfg. Co.,  Ltd. All Rights Reserved.