バネ・ばね・スプリング │ ばね1個から完全受注生産。オリジナルばねオーダーサイト。
会社案内 ばねのご相談窓口 サイトマップ
東海バネ工業株式会社 ばねの種類 ばねの技術情報 ばねの活躍事例集 東海バネのモノづくり ばねの設計依頼 はじめての方へ
はじめての方へ
TOPはじめての方へ > ばね基礎知識
ばね基礎知識

〔10号〕腐食に強いステンレス

・・・鋼の表面にクロムの酸化皮膜が生じ腐食を守ってくれる・・・

ステンレス鋼の大気中や淡水中での腐食は、炭素鋼と比べると数千分の1という位少ないそうです。だからといって、ステンレス鋼なら、どんな腐食環境に対しても強いだろうと考えると、とんだ失敗を起こすことになります。

ステンレス鋼の代表選手は、クロム(Cr)18%・ニッケル(Ni)8%を含有した、18−8ステンレス鋼(SUS304)です。この鋼にクロムを添加すると、次第に耐食性を増し、13%も添加すると殆ど大気中では腐食しなくなります。
なぜ腐食しないかというと、クロムの添加により、鋼の表面にクロムの酸化皮膜が生じ、これが素地の腐食を守ってくれるからです。簡単にいうと、酸化皮膜という自衛隊が守ってくれるのです。この自衛隊をさらに強くするのがニッケルです。

しかし、この自衛隊、硝酸のような酸素を発生する溶液と戦うと、ますます酸化して強くなるが、酸素を含まない硫酸や塩酸に対しては、からっきし弱いのです。
温泉の成分には硫酸分や塩分を含んだものが多く、したがって、温泉の給泉パイプには、ステンレス管は使用していません。
ばねもしっかり注意しなければならないのです。



はじめての方へ

このページの先頭へ
Copyright (C) 2007 Tokaibane Mfg. Co.,  Ltd. All Rights Reserved.